一般社団法人日中化粧品国際交流協会

11月18日、東京にて特別講演会「中国化粧品市場に挑む~ハードルを越えて」の開催が決定!!

中国化粧品ビジネスをするにおいて、日本と異なる市場の特徴、多変する法規制そしてこれらにより立ちはだかるハードルに悩まされない企業はないでしょう。今回はその解決策を提案すべく、日中化粧品国際交流協会とフレグランスジャーナル誌との初コラボ企画の「中国化粧品市場に挑む~ハードルを越えて」を11月18日に東京にて開催することになりました。講演会詳細は是非以下のリンクよりご確認下さい。

中国化粧品に挑む~ハードルを越えて

一般社団法人日中化粧品国際交流協会 理事長挨拶

一般社団法人日中化粧品国際交流協会 理事長 楊 建中

当協会は2012年4月2日、日本において設立登記した一般社団法人です。
現在、日本化粧品市場は既に飽和状態にあり、今後大きな成長を期待するのは困難な状況を呈していますが、日本化粧品業界が長年に渡り蓄積してきた流行創造力、技術力、品質力、ブランド力、信用力などは依然としてアジアトップの座を堅持し続けています。一方、中国化粧品市場は毎年15%以上の急成長を遂げてはいるものの、中国13億の人口一人当たりで換算するとその化粧品購入金額は日本の1/8程度に過ぎず、潜在力は無限です。
このような背景の下、自身が代表取締役社長を務めますBHI(現美研創新株式会社)の事業である化粧品開発やコンサルタント業務に従事する中で、日中双方の化粧品業界は現在まさに相補性の関係にあるにもかかわらず、双方をつなぐプラットフォームが確立されていないという現状を目の当たりにするたびに非常に残念な思いを抱き、このような現状を打開できる方法を講じなければと常日頃から強く思い続けて参りました。同時にこの事は20年以上日本で暮らして来た中国出身者としても強い願いであったのです。
そしてこのたび、より効果的に日中双方の交流を促進する場を創造したいという長年の希望を実現し、両国の化粧品業界の更なる発展に貢献すべく当協会を設立する運びとなりました。
当協会は、諸活動を通じ日中双方の化粧品業界における相互理解やマッチングの機会をご提供することで業界全体の発展に寄与できるよう努めて参りますので、当協会の設立主旨・目的をご理解いただき、皆様方の積極的なご参加とご活用をお願い致します。

日中化粧品国際交流協会概要

設立目的:
日中両国の化粧品業界間における交流の架け橋を築き、相互補完を促進しWin-Winの関係を構築する。
活動内容:
当協会は、会員専用ウェブサイト・セミナー・現地見学会及び視察会などを通して中国化粧品業界と市場の最新情報をご紹介します。
具体的には以下の内容に関する情報のご紹介を予定しています。
  • 中国市場動向
  • 消費者ニーズ
  • 販売ルート
  • 法令・法規
  • 知的財産権
  • 中国の特色ある製品及び技術(漢方薬の概念、漢方薬成分など)
  • メーカー(OEMを含む)
  • 中国製原材料
  • その他

日中化粧品国際交流協会詳細

日中化粧品国際交流協会 所在地等

一般社団法人 日中化粧品国際交流協会
Japan-China Cosmetic Exchange Association
〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町5-5-2 神戸国際ビジネスセンター
TEL: 078-381-5304 FAX: 078-303-3077